H.couleurs
  • Author:H.couleurs
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
旬彩の日々
グルメと野球…時々ワンコ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会で中華三昧
皆に忘年会の希望を聞いたところ、中華料理が食べたいという意見が多かったため、昨年12月にも行ったこの店へ。

【秀恵】@歌舞伎町

新宿駅から歌舞伎町に入り、右も左もラブホテルが立ち並ぶ怪しい道を通り抜ける。
オジサンとギャル風女子、ホスト風男子とキャバ嬢風女子、ここを歩いているカップル達もどことなく怪しい雰囲気が漂っているように感じるのは気のせいなんだろうか…。


そして、今回は迷わずにお店に到着。


まずは冷菜を酒の肴に、ビールで乾杯

秀恵 ピータン豆腐
ピータン豆腐



秀恵 ゆで地鶏 特製だれ付
店員さんが薦めてくれた、ゆで地鶏 特製ダレ付
ピータン豆腐とゆで地鶏、どちらの料理も昨年も頂いた記憶が蘇ってきた。
そして、この特製ダレをとても気に入っていたことも思い出した。
これは何か他の料理にも使えそうなので、最後まで手元に取っておくことにする。



秀恵 マーボー豆腐 
麻婆豆腐



秀恵 とうみょうの炒め  
豆苗の炒め



秀恵 豚ガツの塩炒め 
豚ガツの塩炒め



秀恵 レバーと野菜たっぷり醤油炒め
レバーと野菜たっぷり醤油炒め



ここから上海蟹の料理を注文。

秀恵 上海蟹みそ入り豆腐の旨煮
人気の上海蟹みそ入り豆腐の旨煮



秀恵 上海蟹と春雨の炒め
上海蟹と春雨の炒め



周りのお客さんを見渡すと、他の席はみな中国語を話していた。
さすが、さすが多国籍な街、歌舞伎町。
その中で、気になる料理が出ている席があったので、「あのテーブルに出ている料理と同じものを…」と店員さんに注文してみたが、その店員さんもカタコトの日本語を話す方だったために、うまく伝わらず、全く違う料理が出てきた…。

秀恵 牛肉の四川風辛口煮込み
牛肉の四川風辛口煮込み
でも、これが意外にも美味しかった。
幅の広い春雨が牛肉を煮込んだ辛目のスープとからみ、上に乗っている香菜と一緒に食べるとこれがかなりクセになる味。
こんな状況でなければ、まず頂くことはなかった料理だったので、新しいメニューを発見できて良かった



秀恵 上海蟹みそ入りチャーハン
上海蟹みそ入りチャーハン



秀恵 上海焼そば 
上海焼そば



秀恵 上海蟹みそ入り小龍包
最後に注文し忘れていた上海蟹みそ入り小龍包
ここで、最初に注文したゆで地鶏 に付いていた特製ダレを使ってみた。
このタレがやはり美味しい。持ち帰ってウチでも鍋料理に使いたいくらい



さすがに、ここらでもうお腹いっぱい。
会計をすると、これだけ食べて、ボトルの紹興酒を飲んでも、一人5,000円程度。
この値段でこの満足感はスゴイ。
これがディープゾーン歌舞伎町の良いところか。



この後は神楽坂へ移動して、WINE BARで一息つき、別の場所で忘年会をやっていた仲間と合流して、朝までカラオケ



一年の最後、楽しく締めくくれて良かった。
これで良いお正月を迎えられそう。



上海料理 秀恵
03-3207-3256
東京都新宿区歌舞伎町2-33-1 第6トーアビル1F




スポンサーサイト
更にウナギで精力3倍増
スッポン鍋を食べた翌日…、私は鰻屋にいた。
【石ばし】が定休日だったため、江戸川橋でもう一軒有名なこちらの店へ。

【はし本】@江戸川橋

スッポン鍋の翌日に鰻というローテーションになったのは、日曜だけがお休みである友人のリクエストに従ったからだった。
スッポン+ウナギ=私はどうなってしまうのか…。



江戸川橋駅から神田川沿いの新目白通りを飯田橋方面に進み、石切橋を渡ったすぐ右手にある木造建物に目的の看板を発見。
店に入ると、テーブル席を通り抜けた奥にある小上がりの座敷席に通していただいた。
ラストオーダーである19時半ちょっと前に到着したため、時間のかかる鰻重をまず先にお願いし、そして待っている間の酒の肴を注文した。



はし本①
まずはビールと突出しの骨せんべい



はし本②
ひれ串



はし本③
お店の方が薦めて下さった、この焼鳥も美味しかった。
炭火で焼かれた焼き鳥はとても柔らかくてジュシー。ビールによく合う。



このあたりから熱燗が登場



はし本④
肝焼き



はし本⑤
う巻



はし本⑥
白焼



はし本⑦
向う骨



夏に冷酒と鰻もいいが、冬の熱燗を飲みながら頂く鰻屋の酒の肴もいい。
空いた徳利が並び始めた頃…



はし本⑧
はし本⑨
鰻重(並)の登場。
昨夜、すっぽんをお腹いっぱい頂いたので、さすがに鰻は(上)を断念し(並)にした。
鰻大好きな友人はもちろん(上)。見ると、ご飯が見えないくらい鰻が敷き詰めれていてかなりボリュームがありそう。
これ以上、無駄に精力を付けたくないので(並)にしておいて良かった…。
以前、青山の某店で頂いた鰻重はウナギは良いがご飯がイマイチで味がチグハグだったが、ここの鰻重はバランスが良く美味しい。

少々かしこまった雰囲気の【石ばし】と、庶民的で親しみやすい【はし本】。
江戸川橋のすぐ近くにある2つの鰻屋は、その目的で使い分けられそう。
特別な日には【石ばし】、仲間同士、足を崩して楽しみたいなら【はし本】。

この日、ラストオーダー間際に来た上に、よく食べるしよく飲むし、面倒なラスト客だっただろう私たちに、お店の方は最後まで笑顔で対応して下さり、ちょっぴり癒された



スッポンとウナギのお陰で、これから始まる年末年始の飲み会シーズンに向けて体力は万全
2010年もあと少し。頑張って乗り切ろう…。




はし本
03-3811-4850
東京都文京区水道2-5-7






スッポンで精力倍増
世のカップルたちがオシャレなレストランでディナーを楽しんでいるであろうクリスマスの夜…

「スッポンを食べてみたい!!」

と言う、女友達の色気のないリクエストに応えて、本郷にあるとある店へ。
…いや、これがラブラブなカップル同士の会話だったら、ある意味色気があるのかもしれないが。

なので、前もって店の大将にスッポンを1匹丸ごと仕入れて調理をしていただくようお願いしておいた。
しかし、さすがにクリスマスの夜に女2人でスッポンを喰らう絵ヅラはいかがなものかと思い、更に友人2人を引き入れた。



予約した時間に到着すると、テーブルには既に前菜が用意されていた。


酒菜 すっぽん①
生血のりんごジュース割り
卵のラム酒漬け
煮凝り、肝、シロ

「生血も飲めるの??やったーっ

というナースである友人のセリフに違和感を感じつつ、恐る恐る口にした生血はリンゴジュースで割ってあり、とても飲みやすくなっていた。
しかし、当のナースを見ると、あんなに喜んでいたハズなのに、その姿は明らかにテンションが落ちていた。

「血の臭いがする…

生血なんだから当たり前でしょーが、と思ったが、ここでは敢えて口に出さず。
だって今夜は楽しいクリスマスだから
結果、私が2杯の生血を飲むことになってしまった。
こんなに精力つけてどうするんだ…。



酒菜 すっぽん②
お次はスッポン鍋の登場。
最初は、大将が自ら私たちのお皿に取り分けてくれた。


酒菜 すっぽん③

酒菜 すっぽん④
そして当のナースを見ると、あんなに喜んでいたハズなのに、その姿は一段とテンションが落ちていた。
皿の中のプルプルしたモノを箸でつまんで

「手がある…

スッポン鍋なんだから当たり前でしょーが、と思ったが、ここでは敢えて口に出さず。
だって今夜楽しいクリスマスだから
結果、鍋に残った身はほぼ私が完食し、ナースはネギをつまんでいた。
ますます精力がついてしまう…



鍋の中のスッポンの身が無くなり、野菜を投入してからは、ナースの気分も食欲も復活。
なんてヤツだ



酒菜 すっぽん⑤

酒菜 すっぽん⑥
〆は、スッポンと野菜の旨みのつまった出汁で雑炊
これを食べるためにスッポン鍋の具を食べていたようなもの。
確かにスッポンは、見た目はカメっぽいし、鍋の具にしてもグロテスクだし、苦手な人も多いだろうが、この出汁は最高。



酒菜 すっぽん⑦
大将が、今夜の食材のスッポンの甲羅を見せてくれた。



酒菜 すっぽん⑧
…やっぱりグロいかも。



クリスマスの夜、スッポンによって無駄に精力だけを蓄えて、帰宅の途についたのだった…。








三喜寿司の絶品寿司
ホテルをチェックアウトした後、寒空の下、原爆ドームまで歩いた。

原爆ドーム


すると、原爆ドームの周りに可愛らしい袴姿の子供達が沢山集まっていた。
聞くと、この日は原爆ドームの隣のお寺でお稚児行列があるそうだ。
それも見たかったが…、空腹には勝てず
そろそろ昼食の時間だったため、グルメ本で見つけたお寿司屋までタクシーで移動した。



【三喜寿司】@ 日赤病院前駅

カウンターに座ると、目の前のネタケースにはネタがキレイに並んでいる。
そして上を見上げると、広島カープの選手達のサインがズラリ。
球場や繁華街から多少離れた場所だが、それだけ価値があるということか。


壁にあるメニューを眺めていると優しそうな女将さんが今日のオススメを教えてくれた。


三喜寿司①
これがこの店の名物、しそ穴子



三喜寿司②
出来立てのしそ穴子はほんのり温かく、柔らかな穴子、シソの香り、海苔の風味が口の中でほどけていく。



握りも、どれも絶品だった。

三喜寿司③
中トロの炙り



三喜寿司④
カワハギの肝の乗せた平目



三喜寿司⑤
芽ネギ



三喜寿司⑥
太刀魚の炙り



三喜寿司⑦
雲丹を乗せた漬けマグロ


全て、醤油や塩などで味を付けてから出されるため、何もつけずにそのまま頂ける。
さらに、カワハギの肝や雲丹が乗せられていたり炙りであったり、ちょっとした一手間が加えられていて、目にも楽しく、ネタも新鮮で味も素晴らしかった。



心残りなのは、しそ穴子と並ぶもう一つの名物である活きイカの刺し身がなかったこと

「天候不順で良いイカが入ってこないのー」

と、女将さんもとても残念そうだった。

「私が好きなものばかり出しているのよ

と、笑顔で話していた女将さんに会いに、そして今度こそ名物の活きイカの刺し身を頂きに必ず再訪するぞー



来年、広島に行く楽しみがまた一つ増えた。



三喜寿司
082-241-6947
広島市中区大手町5-19-5


広島風お好み焼きとBAR巡り
夜は広島市内の街をウロウロ。

とりあえずお好み村で、牡蠣とお好み焼きを肴に一杯。

【さらしな】@新天地

さらしな①
かきの酒蒸し(ポン酢味)



さらしな②
かきの鉄板焼き(タルタルソース)



さらしな③
さらしなスペシャル
ここのお好み焼きはとろろ昆布が入っていて、風味も良く、とてもさっぱり。
昼間、日本酒天国・西条で飲みすぎた身体にはありがたかった…。



その後、前もってリストアップしていたBAR巡り。

黒水仙

そこで、とても素敵に歳を重ねられた、お洒落で粋なマスターに出逢った。
楽しい話を聞きながら、いただいたアイリッシュコーヒーが本当に美味しかった…。
広島での忘れられない味を一つ、また見つけた。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。