H.couleurs
  • Author:H.couleurs
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
旬彩の日々
グルメと野球…時々ワンコ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナハウス龍口酒家
年内に上海蟹を食べに行こう、ということになり、前から行きたかった幡ヶ谷の中華料理店に行った。

【チャイナハウス龍口酒家】@幡ヶ谷

幡ヶ谷駅に接続する幡ヶ谷ゴールデンセンターの地下1階にある。
この店は、基本的に料理はお任せで、こちらがSTOP手をかけるまで出てくる。
今回は、予約の際に、お目当ての上海蟹の料理も出していただけるようお願いしていた。



龍口酒家 12
私達が通された席の後ろには、紹興酒や薬用酒などのアルコール類が並ぶスペースがあった。
薬用酒の容器の中には、それぞれ様々な植物やトカゲ、そして蟻が酒に浸かっている。
この無数に浮かんでいる小さく黒いものの正体が全部蟻んこ…あり
いくら薬用酒とはいえ、これだけは絶対無理、無理ガーン



龍口酒家 1
前菜には鶏とカブの酢漬け。



龍口酒家 2
黄ニラの炒め



龍口酒家 3

龍口酒家 4
上海蟹を生きたまま老酒に漬ける、酔っ払い蟹
食べやすいように切ってあるのがありがたい。
皆、手にとって、トロトロの中身を吸うように食べる。
老酒の風味が強いので、お酒の弱い人はこれだけでも酔ってしまうかも。



龍口酒家 5
食感と風味が楽しめるMIYOSHIさんオススメの蝦夷鹿のカシューナッツ揚げ



龍口酒家 6

龍口酒家 7
スッポンのスープは、体に優しい味。
翌日お肌がツヤツヤになりそう。



龍口酒家 8
四角豆と干し貝柱の炒め
四角豆は初めて食べたが、歯ごたえがあってクセのないさっぱりした味。



龍口酒家 9
上海蟹の蟹味噌炒め
蟹味噌と蟹の卵が溶け込んだあんがかけられている。
一緒に出てきた中華の蒸しパンに、このあんをたっぷりつけていただいた。



龍口酒家 10
ナマコと絹笠茸の煮込み
独特の歯ごたえがあるスポンジのような絹笠茸に、ナマコの旨みが染み込んでいる。



龍口酒家 11
最後は、冷たいクロレラ入りの翡翠麺
チャーシュー、ザーサイ、葱と和えられた翡翠麺は、ちょっと塩気がきついが胡麻油の風味が効いていて、後を引く味。
こういう、キリっと冷たい麺が〆として出てきたのが嬉しかった。



お会計を済ませ、席を立った時に厨房から店主の石橋さんが挨拶に出てきて下さった。
この薬用酒の容器の前でお話していると、

「ちょっと飲ませてあげる」

そう言って、蟻の酒の蓋を開け、グラスに注いでしまった。
受け取った小さなグラスの中に黒いプチプチした蟻んこが浮いている…あり
躊躇していると、石橋さんが

「大丈夫、新鮮だから」

新鮮な蟻…。
この際、新鮮かどうかが問題なのではない。
私は虫が大っ嫌いだ。
見るのもイヤだし、触るのはもっとイヤ、まして口に入れるなんてありえない号泣
しかし、ここは空気を読んで一気に飲み干した。
蟻の舌触りと、きついアルコールの香りが鼻をつく。
美味しいかどうかは分からなかったが、身体には良いハズ、と思いこむことにした。



上海蟹、蝦夷鹿、スッポン、四角豆、ナマコ、絹笠茸など…高級食材や珍しい食材が使われた料理が次々と運ばれてくるので、とても楽しめた。
【チャイナハウス龍口酒家】は、駅ビルの地下にある店の外観からは想像できないくらい、ウワサ通りの素晴らしい中華料理店だった。



食事チャイナハウス龍口酒家
電話03-5388-8178
犬小屋東京都渋谷区幡ケ谷1-3-1幡ヶ谷ゴールデンセンターB1F



スポンサーサイト
ル・クロ・モンマルトル
神楽坂の路地裏にある有名なビストロへ、いつものメンツ+新しい友人と5名で伺った。

【Le Clros Monmartre(ル・クロ・モンマルトル)】@神楽坂

ここは、ホテルオークラのフレンチレストラン【La Belle Epoque(ラ・ベル・エポック)】グラスワイン[赤]ソムリエをされていたジャニックさんが、オーナーソムリエとして神楽坂に作ったビストロ。
恰幅が良く、フサフサの白い髪がステキなジャニックさんは、時々見かける神楽坂を歩く姿は貫禄たっぷりだが、会うととても気さくで女性には特に優しい、魅力的なオジ様だ。


店に入ると、ギャルソンのパトリックが笑顔で出迎えてくれた。

「Bonsoir!」

かなり早く着いてしまった私は、Heinekenのボトルでお先に一杯…beer
そのうちyokoさんも到着し、一先ず二人で乾杯カンパイ
そしてYnagisawaさんと、なぜか既にぐるぐるホロ良い気味のMiyoshiさんも到着。

ここで、1名仕事で遅れていたため、とりあえず前菜から取り分け安い一品を頼んで待つことに。

ル・クロ・モンマルトル 帆立とサーモンのタルタル

ル・クロ・モンマルトル 帆立とサーモンのタルタル2
帆立とサーモンのタルタル



全員揃ったところで黒板に書かれたメニューの中から前菜とメインを一品ずつ、そしてワインリストからbottle02赤ワインのボトルを注文した。
食材やメニューの名前を見て、どんな料理か想像して選んでいくのは、ワクワクするハート



ル・クロ・モンマルトル ワイン
シャッサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ クロ・サン・ジャン
Chassagne-Montrachet 1er Cru Cros Saint Jean [2005]



ル・クロ・モンマルトル いわしのパイ包み焼き

ル・クロ・モンマルトル いわしのパイ包み焼き2
いわしのパイ包み焼き
いわしのが詰まっているパイ生地のを崩しながら、オリーブオイルとからめていただく。
前菜は、生野菜が華やかに添えられていているのも嬉しい。



前菜が食べ終わったところで、もう一本bottle02赤ワインのボトルを注文した。

ル・クロ・モンマルトル ワイン2
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ドメーヌ・A・マズール・エ・フィス
Côtes du Rône Village Domaine A Mazurd & Fils [1997]


ル・クロ・モンマルトル 鴨胸肉のロースト スパイス風味

ル・クロ・モンマルトル 鴨胸肉のロースト スパイス風味
鴨胸肉のロースト スパイス風味
蜂蜜の甘みがきいた濃厚なソースが、やわらかな鴨胸肉とよく合う。
また、このソースをフランスパンフランスパンにたっぷり付けて食べるととても美味しかった。



料理やワインも美味しかったが、フランス国旗“プチ・フランス”と呼ばれる神楽坂で、皆で料理を分け合える気取らないビストロの雰囲気を味わうことができた。
ジャニックさん、パトリック、Merci beaucouq!アップロードファイル



「Bonne nuit!」

日本語で「お休みなさいZ
…そう言って店を後にしたが、我々が次に向かったのは自宅ではなくカラオケBOXマイク♪
そしてこの日も、終電まで宴は続いたのだった。



食事Le Clros Monmartre(ル・クロ・モンマルトル)
電話03-5228-6478
犬小屋東京都新宿区神楽坂2-12 1F




め乃惣
夏の間にを食べたい、ということでオンナ4人で神楽坂へ。
毘沙門天のほど近く、石畳の路地裏に、神楽坂情緒の漂う一軒の割烹料理屋がある。
TV界からパッタリと姿を消した、あの味にうるさそうなH木先生も通う名店。

【小割烹 め乃惣】@神楽坂

店内に入るとすぐ、何気なく置かれているトロフィーに気づく。

め乃惣 トロフィー

これは、ここの大将が10年ほど前にTV『料理の鉄人』に挑戦者として登場し、見事、和の鉄人を破った記念のトロフィーだ銀トロフィー

4人掛けのテーブル席もあるが、いつも大将や女将さんとの話を楽しみにしているので、カウンター席で予約をお願いしていた。



め乃惣 前菜
前菜
まずは前菜をつまみながら冷たいビールで喉を潤すアップロードファイル



め乃惣 小鉢
小鉢

め乃惣 小鉢2
ここのもずく酢は本当に美味しい。
出汁の風味と酸味と甘味のバランスがよく、残らず飲み干してしまった。



め乃惣 造り
造り

め乃惣 造り2
梅の色が目に鮮やかな鱧の湯引きも盛られ、夏を感じる一皿。



め乃惣 椀物
椀物

め乃惣 椀物2
土瓶蒸しの蓋をあけると、ふわっと松茸の香りがたつ。

め乃惣 椀物3
鱧と松茸の最強コンビは、秋の訪れを感じる。



め乃惣 日本酒 八海山
日本酒は八海山の純米吟醸



め乃惣 焼物
焼物

め乃惣 焼物2
甘鯛の塩焼きは、身がやわらかく、ほどよく脂がのっている。



め乃惣 揚物
揚物

め乃惣 揚物2
【め乃惣】の名物料理、海老しんじょ
揚げたてアツアツのしんじょの中に、プリプリの海老がたっぷり入っている。



め乃惣 揚物 ワイン
次は、白ワインをグラスワイン[白]
Les Granitiers Blanc(レ グラニティエール ブラン)2007


め乃惣 煮物
煮物

煮物2
餡の味が優しく、とても上品な味。



め乃惣 御食事
御食事

め乃惣 御食事2

め乃惣 お食事3
『料理の鉄人』に出場した際、審査員に絶賛されたという涼風中華そば
割烹料理のコースの〆として中華そばというのは珍しいが、お料理を頂きながらお酒を飲んだあとに、こういう冷たいサッパリした麺が出てくるのは嬉しい。
出汁の効いた冷たいスープと麺に、高菜が良いアクセントになっていて、とても美味しい。



季節の果物には、秋の味覚の梨梨



食後も、大将と女将さんとの会話がとても楽しくて、つい長居したくなる。
美味しい料理を味わいながら、楽しい時間を過ごすことができた。



食事小割烹 め乃惣
電話03-3267-8180
犬小屋東京都新宿区神楽坂4-3




鰻の名店【鈴木】
暑い季節になると、鰻が無性に食べたくなる。
しかも今月は、19日と31日、2回も土用の丑の日があるのでなおさらだ。

先週末、東京における鰻の名店【尾花】【明神下 神田川】と肩を並べる、もしくはそれ以上の評価を受けている店を訪問した。

【鈴木】@調布

調布駅まで、新宿駅から京王線快速で約20分。
東口を出て線路沿いを進むと、マンションの1階にあるガラス張りのスペースに【鈴木】の看板を発見。
そのお洒落な外観と、広々としてスタイリッシュな店内は、鰻をさばく職人とカウンター内に立ち上がる煙がなければ、とても鰻屋とは思えない。

予約を入れていたカウンター席へ着く。
まずビールを一杯アップロードファイル飲みながら、カウンターの向こうで店主によって活きた鰻が目打ちをされ、次々と捌かれていく様子を眺めていた。
そして、ビールの後はいつも通りワインへ…グラスワイン[白]
食事はコースと、追加でうまき白焼きを注文した。


まず、突き出しは山葵醤油で味付けされた鮪の刺身


次に出てきたのは、脂がたっぷり乗った、鰻の背中の部分の串焼きくりから
口直しの、ほんのり酢の風味がついた大根おろしはさっぱりしていて、串焼きの脂と苦味に良く合う。


じゃんげ
この串焼きを食べると、日本酒が恋しくなった。
大将に伺うと、初夏に仕入れた酒がまだ残っているというのでお願いした。
それがこの想天坊 別仕込 じゃんげ 辛口純吟おりがらみ生
辛口だが、おりがらみらしくなめらかでやさしい酒。
この酒はこの日、私たちが全て飲み干してしまったため、今年はもうここで飲むことはできない。


鈴木 茶碗蒸し

鈴木 茶碗蒸し2
茶碗蒸しは、中身をスプーンをすくうと雲丹がたっぷり入っている。


鈴木 うなぎのたたき

鈴木 うなぎのたたき
うなぎのたたきは、うなぎの白焼きと、大葉と飛び子を桂剥きした大根で巻いている。
香ばしく柔らかなうなぎの身と大根と大葉の風味に、飛び子のプチプチ弾ける食感が加わり、とても美味しい。


鈴木 うまき
うまきは火の通り加減が絶妙で、中の方は卵がトロッとしている。


トマトの海老クリーム
トマトの海老クリームは、冷たくて夏にピッタリの一品。


うな重の前に出てきた白焼きは、山葵とともにいただく。
やわらかく良い具合に焼かれた白焼きはもちろん、添えられた山葵がまた美味しい。
ちゃんと本山葵を直前におろしているんだろう、ほんの少しだけでも風味・辛味ともに良い。



鈴木 うな重
そして遂に登場、うな重と漬物
目の前で活きた鰻から調理され、食べる直前に焼き上がった鰻は、焼き加減も脂の具合も程よい。
焼き面は香ばしく、中の白い身はフワフワ。
そして、甘すぎず辛すぎず絶妙な加減のタレはご飯との相性は抜群で、とても上品な味。
長い時間をかけて食事をしていたため、肝心のうな重へ辿り着くまでにお腹がやや満足しかけていたが、一口食べると続いて二口三口…最後まで箸が止まらない。
脇役の漬物も、なかなか美味しい。


鈴木 肝吸い
そして、タレを着けながら丁寧に焼かれた肝を使った肝吸い

最後にバニラアイスクリームをいただいて、コース料理は終了。


この店、本当は写真撮影NGだったので、許可を頂いてから撮影した。
店主の、黙々と見事な手さばきで鰻を捌いていく姿は職人気質な雰囲気だが、お話をすると意外にも気さくな方で、店内を写真撮影NGにしているのは、「出したお料理をお客様にすぐに食べていただきたいから」だと話して下さった。
それも、お店のお客に対する真摯な姿勢の表れなのだと思う。

19時からの予約だったが、店を出る頃には既に22時をまわっていた。
ゆっくりとお酒を呑みながら、目の前で捌かれたばかりの鰻を待っている時間は本当にワクワクする。
そして期待以上のものが出てきた時は、幸せなことこの上ない。
さすが、東京の名店といわれる【鈴木】。
また是非、調布までこの素晴らしい鰻を味わいに来たい。


食事鈴木
電話0424-98-0520
犬小屋東京都調布市布田1-50-1 マートルコート調布第3




農家の台所
この日は前回のアボカドの会の際に、次回の場所として熱心なプレゼンにより決定した店へ。

【農家の台所 恵比寿店】@恵比寿

恵比寿駅を降りて歩きはじめると、すぐ右手にファッションヘルス“ NEW YORK ”…おっぱい
こ洒落たイメージがある恵比寿だけど、駅前に堂々とこういうのがあるんだよね。
で、ほぼその斜め前にあるビルの1階に、【農家の台所】の看板を発見。

店の入り口に野菜を販売しているスペースがあり、その横を通ると中は広々としたレストランになっている。
この日も、いつも通りどんどん料理とお酒を注文していった。


パプリカのムース コンソメのゼリーのせ
まずはお通し。
パプリカのムース コンソメのゼリーのせ・京水菜を巻いたパルマ産ハム


農家のレストラン 特選農家のサラダバー
アラカルトを注文する場合、スターターとしてサラダを選ぶ。
オススメは特選農家のサラダバー
さとと-きゅうりキャベツにんじんなす色々な種類の野菜から自由にグラスへ盛り付けられる。
塩味がするプチプチした食感の不思議な野菜“ソルトリーフ”や、皮ごと食べられる緑色のカボチャ“グリーンマロー”と黄色のカボチャ“コリンキー”などの珍しい野菜も並んでいる。
ワインはモントグラス・ソレウス ソーヴィニヨンブラン/フランスグラスワイン[白]


厳選ジャガイモのヴィシソワーズスープ
じゃがいも厳選ジャガイモのヴィシソワーズスープ


ゼンコウジ
次のワインはゼンコウジ 竜眼/長野県グラスワイン[白]


アボカドと厳選トマト炙り焼き
アボカドさとと-トマトリアルアボカドと厳選トマト炙り焼き あおさ醤油の焦がしバター


本日の野菜ステーキ
本日の野菜ステーキ 野菜塩とバルサミコソースで
ピュアホワイト・甘長唐辛子・ズッキーニ
白いとうもろこしさとと-とうもろこし“ピュアホワイト“は、驚くほど甘みが強い。


特選野菜と旬菜・鳥取大山地鶏のタジン鍋
特選野菜と旬菜・鳥取大山地鶏のタジン鍋(蒸し)


ピアヌガ・ナトゥーレ テンプラニーニョ
有機ワイン ピアヌガ・ナトゥーレ テンプラニーニョ/スペイングラスワイン[白]


フォアグラのソテー

フォアグラのソテー2
フォアグラのソテー ゴーヤバターソース
皿の割りに量が寂しいので、アップで…カメラ


ピュアホワイトのステーキ

ピュアホワイトのステーキ2
ピュアホワイトのステーキ
とても美味しかったので、ピュアホワイトのステーキを再度単品で注文。


鳥取大山地鶏と厳選トマトのソテー
鳥取大山地鶏と厳選トマトのソテー ピリッと緑の粒コショウソースで


セレシン・エステイト レア ピノ・ノワール
有機ワイン セレシン・エステイト レア ピノ・ノワール/ニュージーランドグラスワイン[白]
最初はフランスフランス、2本目が日本日の丸、3本目がスペインスペイン、4本目がニュージーランドニュージーランド…。
すごい、見事に違う国のワインが楽しめた。


そして、〆ものを続けて4つ。

一期一会ラーメン

一期一会ラーメン2
野菜だけでダシをとったのにコクのある一期一会ラーメン 国産のお米10割の米粉麺


野菜4倍フォアグラ入りチャーハン

野菜4倍フォアグラ入りチャーハン2
野菜4倍フォアグラ入りチャーハン


野菜4倍焼きそば 
国産のお米10割の米粉麺の野菜4倍焼きそば オイスターソースの香り


たまごかけご飯

たまごかけご飯2

たまごかけご飯3
濃厚!たまごかけご飯用「ウコッケイの卵」 海苔の香りのあおさ醤油添え
今月の厳選米ご飯
このあおさ醤油しょうゆが、まろやかなコクがあってたまごかけご飯にピッタリ。


最後にしっかりデザートも。

厳選トマトのソルべ
さとと-トマトリアル厳選トマトのソルべ バルサミコソースで


自家製アイスクリーム
農家の台所 自家製アイスクリーム
バニラ・ミルク・パッションフルーツ


一皿一皿の量が少ないとはいえ、この夜もよく食べたもんだ。
気がつくと店内の客は私たちだけになっていた…。

農家のレストラン1

農家のレストラン2


店内には野菜農家の方々の顔と名前が、選挙用ポスターのようになって紹介されている。
しかし、そのポスターのサイズが異常に大きい。
壁や窓など、空いている場所がないほどベタベタ。どこを見ても、大きな顔・顔・顔。
こうして使っている食材の生産者の顔が見られるのは、店側の自信の表れであって、客にとっても安心に繋がるとは思うが、ちょっと大きすぎ…。
確かに、農家の方々の野菜に対する熱い思いはしっかりと伝わってくるので、店のコンセプトは理解できるんだけど…ちょっと落ち着かないなぁ、この雰囲気。



食事農家の台所 恵比寿店
電話03-3719-4831
犬小屋東京都渋谷区恵比寿南1-7-8恵比寿サウスワン1F




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。