H.couleurs
  • Author:H.couleurs
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
旬彩の日々
グルメと野球…時々ワンコ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人と合流して西条へ
今回、広島に来た理由。

ある日、神楽坂の行きつけのバーのカウンターに座り、女友達と飲んでいたときのこと。
たまたま隣の席に座っていた広島に転勤になったという女性と話が盛り上がり、11月の終わりに私たちが広島を訪問し、再会する約束をしていた。

そして今回、あの日の約束を果たすべく広島に集合…た。

正午、東京から来た友人1人が広島駅に到着し、その彼女と久々の再会を果たす。
寝坊したもう1人は置いて、早速西条へ向かった。



西条へ着くと、まずはランチの場所探し。
賀茂鶴酒造直営の【仏蘭西屋】に行ってみるが、団体客で満席のため入れず。
すると、お店の方が別の和食店を紹介して下さった。

【割烹 掬水】@西条

開店して年月が経っていないのか、まだ新しい雰囲気のとてもキレイな店だった。
入るとすぐ、店の裏から引いているという水が沸いている場所がある。
これは亀齢酒造の仕込み水であり、ここのお料理には全てこの水が使用されているそうだ。

席は、カウンター席と襖で仕切られた個室席がずらりと並んでいて、私たちは一番手前の個室に通された。
大きな窓から庭を眺めながら、明るいうちからお酒が飲めるなんて、贅沢…。


まずは女3人、ビールで乾杯

掬水①
カキフライ



掬水②
カタクチイワシの天ぷら



掬水③
鮭ときのこ バター焼き



掬水④
へしこ 鯖の糖漬け
そしてへしこには、やはり日本酒。
富久長 純米吟醸 中汲み槽しぼりを注文。



掬水⑤
あさりの酒蒸し


ここで寝坊して出遅れていた友人がやっと到着…。



掬水⑥
〆は醸華町うどん

掬水⑦
お水と共にお酒を入れて練って作っているうどんで、ツルツルと喉ごし良く、歯ごたえもあってとても美味しい。
これは、亀齢酒造で販売しているうどんで、私は西条へ来るたびに購入している。
自宅で何度も食べているはずだが、この様に美しく盛り付けてあるとまた格別に感じる。


こちらの器は全て有田焼が使われているという。
どれもお料理に合わせた器に盛り付けがされていて、見た目にもキレイで楽しめる。

仕込み水を使用した旬のお料理を、個室でゆったりいただく事ができた。

ご馳走様でした…。



この後は、もちろん西条の酒蔵巡り。

まずは、西条で最も古い歴史を持つ【白牡丹酒造】
今まで西条へ来ても、ここ【白牡丹酒造】だけはいつも閉まっていたが、新酒の出るこの時期は空いているそうで、今回やっと入ることができた。
ここでは、まだ20代半ばという初々しいお兄さんの説明に聞き入り…、


次に【亀齢酒造】へ。
ここで先ほど頂いた醸華町うどんを購入し…、


そして私の一番のお気に入り【賀茂泉酒造】の酒泉館へ。

賀茂泉①
酒の肴におすすめおつまみの5品盛を注文。
(菊菜ごまよごし・焼しいたけ香酢・焼ししとう・とりレバー昭生姜煮。水菜のからしあん)


賀茂泉②
大吟醸“延寿”純米大吟醸“白寿”



賀茂泉③
限定酒の大吟醸 袋しぼり

やはりここの酒は美味しい~。
お酒を堪能した後、12月6日に蔵出し開始となる“新酒搾りたて生酒”を予約して店を後にした。



最後に【西條鶴醸造】へ。
ここの方の営業トークの上手さに乗せられ、梅酒と、桃色にごり酒の4合瓶を購入。
梅酒は特選の完熟梅を使用しているため芳醇な香りがたち甘さも控え目、桃色にごり酒は綺麗な薄ピンク色で味もほんのり甘くまろやかで、他にはないお酒だった。



何度来ても飽きない街、日本酒天国・西条。
また来年、野球シーズンになったら来よう。



割烹 掬水
082-421-8870
広島県東広島市西条栄町3-4 かみの井館1F



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://24couleurs.blog47.fc2.com/tb.php/130-1e0d0507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。