H.couleurs
  • Author:H.couleurs
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
旬彩の日々
グルメと野球…時々ワンコ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAGATA San-Dan-Delo (ヤマガタ サンダンデロ)
今年の4月30日、山形県鶴岡市にある人気のイタリアンレストラン【Al-che-cciano(アル・ケッチァーノ)】が東京に進出した。
銀座1丁目の山形県のアンテナショップ【おいしい山形プラザ】の2階にある。

【YAMAGATA San-Dan-Delo (ヤマガタ サンダンデロ)】@銀座一丁目

店の名前の由来は、“山形産なんでしょう(山形産だんでろ)という酒田弁をイタリア語風にした造語”だそう。
名前のとおり、地元の旬の食材にこだわった料理を提供している。
1ヶ月ほど前から予約を入れていて、この日がくるのをとても楽しみにしていた。


ドリンクメニュー
可愛いイラスト付きのドリンクメニュー。
ドリンクだけを見ても、地ビール、地酒、ミネラルウォーターなど山形県のものが多い。


月山地ビール
一杯目は月山地ビール ピルスナーアップロードファイル


一切れのワラサと満月の塩
一切れのワラサと満月の塩
大きなお皿の真ん中にワラサが一切れ…これはちょっと驚いた。
塩とオリーブオイルをかけただけの究極にシンプルな料理だが、満月の日の海水で作ったという満月の塩はミネラルが豊富に含まれ、ワラサの旨みや甘みをキレイに引き出している。


水酒蘭

水酒蘭2
山形の食材を使ったイタリアンには、やはり山形の酒を合わせたい。
続いて、奥田シェフプロデュースによる庄内イタリアンのための日本酒、水酒蘭を注文。
精米歩合50%の純米吟醸で、香り高くまろやかな甘みがある。
澄んだブルーの、水紋をかたどったような瓶も美しい。


庄内浜のスズキの冷製スパゲティ

庄内浜のスズキの冷製スパゲティ2
庄内浜のスズキの冷製スパゲティ
モチモチした食感だったので生パスタかと思ったが、お店の方に伺うと乾麺だという。
パスタ自体、噛む回数などを考えて作られたお店のオリジナルだが、更にこの食感を出すため茹で方にも秘密があるそうだ。
しかし、その秘密に関しては頭を指差して指
「ココを使っているんですよ」
と、ニコニコ笑顔で繰り返すのみだった。残念。


吹浦産の岩ガキ モロヘイヤのケッカソース

吹浦産の岩ガキ モロヘイヤのケッカソース2
吹浦産の岩ガキ モロヘイヤのケッカソース


黄鯛と遠赤焼イカとズッキーニ

黄鯛と遠赤焼イカとズッキーニ2
黄鯛と遠赤焼イカとズッキーニ


つや姫のリゾット アスパラと庄内豚生ハム添え

つや姫のリゾット アスパラと庄内豚生ハム添え2
つや姫のリゾット アスパラと庄内豚生ハム添え


赤ナスと天然稚鮎の天火焼き タイムの香りをのせて

赤ナスと天然稚鮎の天火焼き タイムの香りをのせて2
赤ナスと天然稚鮎の天火焼き タイムの香りをのせて


月山筍と生ハムのフリット

月山筍と生ハムのフリット2
月山筍と生ハムのフリット


鯛と水

鯛と水2
鯛と水


だだちゃ豆を練り込んだパスタと緑の野菜

だだちゃ豆を練り込んだパスタと緑の野菜2
だだちゃ豆を練り込んだパスタと緑の野菜


丸山さんの羊とアスパラ

丸山さんの羊とアスパラ2
丸山さんの羊とアスパラ


あとはデザートを残すのみだったが、壁に貼られていたメニューにどうしても気になる料理があったので、追加で出していただいた。

マッシュルームのパスタ

マッシュルームのパスタ.
マッシュルームのクリームスパゲッティ
フレッシュマッシュルームがたっぷり入って、贅沢な香り。
濃厚なクリームソースに、庄内豚生ハムの味が良いアクセントになっている。


だだちゃ豆の和風パンナコッタ

だだちゃ豆の和風パンナコッタ2
だだちゃ豆の和風パンナコッタ
隣に添えられているのは、とろっとしてとても自然で上品な甘みのある3年熟成の味醂。
これをかけていただくと、奥深い味わいになる。


野菜はシャキシャキした食感があり、魚や肉料理の調理法もとてもシンプルで、素材の良さが最大限に活かされている。
また見た目にも美しく、味付けも繊細で、和食に通じるところがある。
まさに、日本酒に合うイタリアン…。

水酒蘭3
コース料理を終えるころには、水酒蘭が5本も空いていた。
お店の方によると、私たちがお酒が好きなことを知って、途中でコースの内容を変えてくれていたそうだ。
しかも、コース料理の内容をメモ書きでもよいので書いていただけないか、とお願いしたところ、キレイにワープロで打ってきて下さって、感激。
料理の内容も素晴らしいが、サービス面も柔軟でとても好感が持てる。
季節を変えて必ず再訪したいし、またその価値が十分にある店だと思った。


食事YAMAGATA San-Dan-Delo (ヤマガタ サンダンデロ)
電話03-5250-1755
犬小屋東京都中央区銀座一丁目5-10ギンザファーストファイブビル 山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」2階



スポンサーサイト

コメント

YAMAGATA San-Dan-Delo (ヤマガタ サンダンデロ)】
すばらしいお料理 みごとですね
[2009/07/27 10:19] URL | ryuji_s1 #.FTrCIao [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://24couleurs.blog47.fc2.com/tb.php/16-59bf0319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。